たがために

月刊アングラVol.10 裏表紙より
月刊アングラVol.10 裏表紙より

喜びは誰かが先ではなく
自らが先であること。
単純じゃないけど
忘れてはならないこと。

誰かを喜ばせる
なんてことのエゴに
道は外れていくのです。
私自身への喜びが
伝染していく。
単純でないこと
忘れてはならまいこと。
そんな当たり前のこと
そしてその事の踏み外しが
私自身の中にエゴイストを生みます。

2020

僕自身にとって大切な
そして貴重な体験の年でした。
私がこれを始めていることも
絵を描いていることも
言葉も綴っていることも
それは私自身への喜びで

その喜びに対する
共感やありがたい言葉は
それもまた自身への喜びを糧となり
けれどもさ
けれどもいつの間にか順番が逆になってしまいがちなのです。

2021

私の喜びに純粋になろう。
その喜びへの共感に感謝をしていこう。
協調は私があって成り立つものだから。
だから
喜びを誰かに求めたり
強制したるするのをやめよう。

まずは私の中の純粋なものを
喜びに変えて
そしてそのことだけを綴っていこう

そう
切に心に刻むことが出来た
2020に感謝をしよう。

月刊アングラVol.10

ようやく形になりました。
これは誰かへの喜びへの前に
私自身の喜びです。

そしてそんな私自身の純粋が
共感に繋がってくれれば、そう思っています。

毎月発行されるファッション誌や情報誌のようなものでなく
私がいつまでも見ていられる本。
そう思って作ってみました。
その分少し時間かかってしまったな。
これからのすべてのものが
時間にとどまるものにしていきたいと思ってます。

アングラ含めこれからはそれに付随する
何かを生み出し気づいていければと。

まずが
月刊アングラVol.10

まずはここから。

 

月刊アングラVol.10】
詳細はこちらに書いてます。
是非読んでみてください。

monthly magazine by under_ground vol.010

「たがために」への2件のフィードバック

  1. ハグさん、全く全く共感です‼︎
    自分が喜び、感動しないことには他人に伝わるわけがないのに、順番が逆になることがあるんですよね。

    主語はいつもわたし。
    わたしもそんな風に自分に言い聞かせています。

    新しいアングラ楽しみですね(* ´ ェ `*)

    1. マイさん
      ありがとうございます
      共有するところが同じところなのは
      これからになんだか幸せを感じます
      そのせいか久しぶりに嬉しい喜びの毎日です。
      いろんなことが良い方向。みたいなときは本当に
      罰が当たんないよう感謝だな、なんて
      そう思って過ごしています。
      ちょっとづつ落ち着いていこうと思ってる
      2021ねん。
      これからも楽しみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA