冬の歌

雪が降ればいいのに…

今年は、降りましたね。

雪が、地面を覆って世界を白くする。

雪がふると、地面の植物達は、毛布をかけられて外の空気より暖かいそうです。

そうやって守られた植物達は、春にまた芽を出します。

しんしんと、した冬から

カランこからんと、した春につながっているんだね

あたたかいね

自然は。

 

クロネコDay’s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA