悩んだ分だけ

 

この状態で咲いてるのを見つけた時の”感動”。

ここが一番大切で、その時の気持ちを思い出しながら、私にしか出せない色を探していく。

絵を描く人が、何種類かの絵の具を混ぜて、世界に一つしかない色を作り出すように。

悩んで悩んで、やっとできた時が一番嬉しい。

誰に褒められなくても、自分が納得したものが一番愛おしいのだ。

この感覚は、自分を大切にすることと似ている。

だからこそ、インスタントではいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA