写真とArtの違い

写真は光を記録するもの。

よってカメラはその光を記録する道具にすぎない。

Artは自分が表現したいモノを自分の好きなように表現すること。

その表現方法は様々であること。

わたしは表現する過程でカメラを使うけれど、写真は撮っていない。

表現しているのです。

大切なのは、いつもイメージする過程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA