育てる男〜椿編〜

わたしの妻、椿の話をしてもいいですか?

わたしは彼女をわたし好みの女になるよう育てた。

わたしたちは、十も歳が離れていたので、彼女が成長したらわたしの妻になるように、時間をかけて育てたのだ。

彼女が賢く貞淑な理想の女性になるよう務めることが、わたしの至福であった。

これは昼の彼女。

美しさの中に可愛らしさを残した、理想的な日本女性でしょう?

でも、彼女にはもう一つの顔がある。

そう、お察しの通り夜の顔だ。

それについては、また次の機会にお話するお約束をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA