言葉を愛するについて

 

はじめまして、高橋です。

haguさんからアングラへお誘い頂き、そのやりとりの中で私は「言葉を愛しています」と言った。まるで偉そうに。

もちろんそれは事実ではあるのだけれど、あまりに簡単に「愛している」と言葉を使った自分をぼんやりと恥じています。

愛しているって、使い方をきちんと考えて計画を立てるか、高ぶりすぎた感情が乗っかったときでないと、とても軽く感じてしまう気がする。

それを私は初対面の人との、はじめてのやりとりの中で簡単に「愛している」だなんて。

しかも言葉を愛していますとか言ってるのに、躊躇いなく、まるで逃げるみたいに安易な言葉を選んでしまったことを少し悔いています。

こうして公の(?)場でブログを書くのははじめてのことですが、きちんと自分の感情に敏感に、自分の感情に誠実に、言葉を大切にしてなにかを綴っていけたらなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA