「人とのつながり」とは

 

“人は何故、恋愛や結婚をするのか?

それは「独り」だという「寂しさの感情」を

感じたくないため。”

と聞いたことがある。

 

その言葉を聞いたとき

私は「確かに」と思った。

 

人は皆、生まれてくる時は「独り」だ。

そして死ぬ時も「独り」で死んでいく。

 

生きている時は

「誰かとつながっていたい」。

 

                                Photographer 東 哲郎

 

 

家族、友人、恋人。知人。

自分をわかってくれる理解者。

自分が自分らしくいられる居場所や空間。

 

人は皆、「安心」がしたいんだ。

 

人が人と触れ合えば

幸せホルモンの「オキシトシン」が分泌され

「幸福感」「安心感」「リラックス」が得られる

という科学的な根拠もある。

 

だから「人とつながって」

「安心」がしたいんだ。

 

 

でも、不思議なことに

「人とつながって」いると

時には「すれ違い」が生じたりする。

 

ちょっとした意見や価値観の食い違いから

あんなに仲が良かったのに・・・

どんどん「すれ違い」が生じて

お互いの方向性が変わってくる。

 

 

 Photographer 東 哲郎

 

 

挙句の果てには

「愛」が「憎しみ」に変わって

相手を陥らせようとすることさえもある。

また、どちらが「上」か「下」かと

優劣をつけたりもする。

 

 

 Photographer 東 哲郎

 

 

「すれ違い」が修復出来ずにいると

最後は破局や別れが生じる。

 

それからまた時間が経過すると

新たな出会いがあったり

また関係が復活したりする。

 

そうしてまた「人はつながって」いく・・・

つかず離れすぎず、程よい距離感で

「人とつながって」いたい。

 

 

 

インターネットやSNSで簡単に遠くの人とも

「人とつながれる」時代になった今。

 

便利でもあるが、ブロックさえすれば

簡単に関係を断ち切ることも出来るので

「人とのつながり」が

「希薄」に感じることもある。

 

リアルもそうだがネット上でも

「人とのつながり」方をどう考え

どう扱うかで今後の人生が変わってくる。

 

更にコロナという全世界的な規模の問題の中で

「人とのつながり」をどう携えて

どう生きて、どう「在る」かが

今後の人生の課題になってくるのかもしれない。

 

全ては自分次第。

これからの「人とのつながり」

どうしていこうか?

 

 

  Photographer 東 哲郎

 

「誰とつながり

自分はどうして生きていこうか?」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA