疑え、自分の全てを疑え

疑え、自分の全てを疑え

気質、性格というのは厄介で生まれた時から備わったものであるから、自分の中の物差しはある程度決まっている。成長していくにつれて培うものも多々あるが、根本的に変えるのは難しい。

自分の感情は自分で名付けていくものだと私は思っていて、それは人それぞれうれしい、悲しい、楽しい、怒り、度合いが違うのだから、他人に計れるものではないからだ。

自分の感情に優しくなることはとても大切だ。

だけど日常的に襲い来るこの重苦しさは、なんだ?わたしに枷を与えているものは、なんだ?

そう問うた時、それもまた、己の感情なのだ。

何故あの人はあんなに人と喋ることが出来るのだろう、わたしもあんな風に話したいのに。なぜわたしもあんな風に笑えないのだろう、私もあんな風にわらいたいのに。なぜあの人はあんなに素直になれるんだろう、わたしも素直になりたいのに。

あんな風に、あんな風に、あんな風に

その中身を、かつて覗いたことはあっただろうか。なにが私の望みを押さえつけていたのだろうか。

感情だ。

感情の多くの表現方法を知っているのは人間だ。そして、感情を感情で抑え込むことが出来るのもまた人間なのだ。

そう、疑うということ。自分を疑うということ。自分の性質を疑うということ。疑うという行為が、自分を救うこともあるのだ。

貴方が抱えているその大きなものは、本当に抱えていかなければならないものなのか?

余計なものは、投げ出してしまえ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA