「おべんとう」

詩「おべんとう」
あきえ

ーーーーー

いわば

私たちは、ひとつのチーム。

得意不得意も
生まれも育ちも
肌の色も
みんなそれぞれ。

直径20cm。
狭き門をくぐり、この尊い枠に
我々は、選ばれた戦士たち。

されど、奢るな、自惚れるな。
自分と周りの最大公約数はどこかと
自問自答し続けなさい。

「置かれた場所で咲きなさい」

自分の等身大を受け入れ初めて
隣人を、愛すことができる。
そういうものではないか。

ぎゅうぎゅうに詰め込められて
雨の日も、風の日も
私たちは、その瞬間を待ちわびている。

真っ暗な中、どれだけ時間が経とうとも
私たちは、上を向き続ける。

天の蓋は必ず開き
光はさす。

全ては
その時、その瞬間
貴方に笑ってもらうため。

雨の日も、風の日も。
私たちは、その瞬間を待ちわびている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA