もにふくすとき

今日の朝日に
仲良しだった猫の姿を探してみた。

長生きの猫だったから
いつが最後になってもいいように、と
実家に帰る度に、大切に撫でていましたが。

彼女に変化があれば、
予感がするような気がしていましたが。

とんだ、傲慢と自惚れだったわー。

突然のことにメソメソしている私。。

昨日、一枚のチケットを買ってすぐに
神隠しか?てくらい、それが突然見つからず。

もうそんなエピソードに、
すがるくらいしかできない。

「あれはあの子がいたずらに来たんだ」と。
ダサいね。笑
なんてみっともない。

今日の景色に
彼女の姿を探さずにはいられない。

どんな日の朝日も美しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA