心象/namu


photo/namu

photo/namu

photo/namu

「もうだいぶ暗いよね」
「こっちはまだ明るいよ」

同じところに住みながら時間軸はこんなにも違う
そんな当たり前のこと
誰かに触れてみないとわからないこと

例えば九州から東京
昔ならば一生の別れ
それなのに今の時代は
こんなにも近い

この距離で何か一緒に作品を
なんて不可能だったこと

よくどこにお住まいですか?
なんて被写体の方に聞かれる
「あぁ、残念遠いですね、いつか機会があれば是非!」
なんて

想いがあれば離れてても一緒に作品はできる
約、1,215.8 kmの距離

 

 

 

君の居場所と君のぬくもりを
namu/hagu

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA