ikubakubaku

 

 

いくばくも
いくばくも
さいなまれ
いくばくばく

朝露に蜘蛛の網にとらわれ
もがく様子

羽ばたいて見せる
羽根が絡み絡まってまた
身動きをなくす

 

 

 

 

輝いてみる一瞬が
隣り合わせにある

闇の呼吸に飲み込まれる
瞬きも出来ぬほど魅了された

一瞬の羽ばたきが心に刻まれ
光の亀裂が内面から
殻を破る

 

 

 

 

書きとめようか
描いてみようか
写してみようか

ikubakubaku

一瞬のきらめきは
私を内面から壊し
開放する

救いなど
私も
君も求めていないと

まぶたを閉じる
君に似せてね

 

 

 

 

羽ばたいて見せようか?

 

 

 

 

 

君のためにもがいたとしても

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA