Far side of the

 

 

カーテンの隙間から月明かりが差し込んで
薄暗い部屋の中を 陽炎のように照らしているよ
私は鏡の前に座って 鮮やかな赤色の紅を拭っているよ
月明かりにうつる 指先の見事なマニキュアの色が
キラキラと 輝いているんだ

強がりも 虚勢も
昼間に見せる見事な笑みも
すべて月明かりに 洗い落しているんだ

けれどあの笑みも
まなざしもすべてが
ほんとうの あたしなんだ

月明かりが いつにも増して 輝いているよ
私は強がりも
虚勢も
そして見事な笑みも
すべての月明かりに
洗い落しているんだ

月の夜に .

 

 

 

月の夜に

見せるものは同じであります。
けれども少し、ううん、
だいぶんこの場所では
深く入りこんでいこうと思います。

誰にもではなく
誰かに
そんな場所があってよいのだと思います。
多くと関わるとその分
身が削られる思いや傷つくこと多く
それは自分の中の
どうしようもない感情の爆発が
とても他との違いに思い知らされ
伝えたいものが全く違うものになってしまう

真実は口にすると
どこか薄っぺらく
また他人との違いを思い知ってしまうこと多々です。

だから私はこの場所で
私だけの世界で
自分だけの真実が消えないよう
謙虚に刻んでいきたい

そう
月の夜に想うのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA