せめて

 

 

ずっとそばに
そう夢見ガチな
ある意味自分カッテ
永遠は
自分本位なカイシャクで
誰かとなんて永遠は
虚誕モウセツ

ほらね
厄介なのは自分でアリマシタ

 

 

コウカイ
シュウチャク
ジコケンオ

 

 

永遠なんて
知ってますか?

永遠なんて
不自由だって

虚誕モウセツ語ったボクガ

エゴとオゴリに溺れた先が
拒絶と嫌悪

 

 

未来にねって
歌ったボクガ
ここから少しさびの曲

「女の子の過去に残んない
あの頃の未来は
男の子の過去に続いてて
君を想うとき空を仰ぐ僕と
ぼく思うときうつむく君の
重なる道はショウガイないと知ってはいるから」

だからせめて
歌にして
だからせめて
過去にして
僕の未来に繋げてて

過去に消えた君との道は
未来永劫交えないから

せめて
せめて
想いに乗せて
この歌で語るんだ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA