じぶんごと

 

きっとめぐりあわせ
遅すぎる後悔はしたくない

苦しみの終わりに差し出すのでは遅すぎるから
後出しの後悔ならしないほうがましなんだ

結局他人事
自分自身に精一杯が
人の常

ひとごと
ひとごと

差し伸べる手は
後出しじゃ遅すぎるから

いつでも
ずっと
手を出し続け
救いあげるだけの近さがあれば

水の波紋
感じられるくらい
ちょうど真ん中で
違和感を感じられるくらい
敏感に

差し出すの手に
誰もすがらない

だから常に
手を出したままにしておくんだ

 

 

 

 

きみにね
そして僕にね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA