日常の光

 

久しぶりに
散らかりまくってた部屋のかたずけが
少し片付いたような安心感
さすがに師走というだけあってあわただしい毎日に。
そしてなんだか何年かぶりの孤独感を味わえたのは
もうどれぐらいぶりなのでしょうか?
わくわくがあるときはなんだか逆に孤独感にさいなまれて
肌寒さが増すたびに人肌恋しくなる。
けれど逆になんだとても幸せ感が溢れるのは
ほんとに変な奴です。

 

冬の日中
隣の駐車場に映し出された影

美しすぎて表現できないやって思うほど
見入ってた光と陰で出来た花

 

 

ちょうどこの時期に作ってロールコットンに埋もれた紙粘土の天使たち

 

クリスマスに行ってた教会をモチーフに作った紙粘土の神父さん

 

慌ただしいといいながら
ほんとはたくさん時間は埋もれてるはずなのにね
あの頃のように
合間でいろいろ好きなこと出来る
そんな日々でありたいって思えた

今日はキャンドルナイト
今年振り返りながら来年のそんなこと考えて過ごそう

 

そして

 

もうすぐクリスマスだね

 

 

今年の締めくくりたちが
来年に繋がる良いものでありますよう

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA