陽だまりに隣りあわせ

 

「とおくまで飛びたいと思う
高く、そして遠く」

ジョナサンに見る飛行術は自身のものでありました。
そして第二章は
受け継がれた者たちの物語でありました。

「私がうまく飛ぶことの
身に着けたあらゆるすべは誰かのためではないのだよ」

そうジョナサンは鳴いているように思います。
孤高であることは孤独との隣りあわせ
それは選ぶことではなく宿命に似たもの。
そんな気がしています。

 

私の好きな者たちは学ぶものではなく
常に自分の中から進化するもの
たとえそれが
たどたどしく不器用なものでも。

もう何年かぶりに私は巣作りです。
高く飛ぶために空を渡れるように。

穏やかに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA