遥かで繋ぐ彼方の君

 

拝啓
手を伸ばせば君の
あの頃のぬくもりに似た陽だまりのほほ笑み

ゆめにうつつ
ゆめあらわ

 

 

聴こえるのは君の声
触れるのは君の頬

それだけ

 

ゆめにうつつ
ゆめあらわ

 

たとえようもない

そんな
自分だけ

阻害されたこの世界に
他人に罪を着せることはせず
ただ
ただ
自らに罰を
あたえ

 

 

 

ゆめにうつつ
ゆめあらわ

聴こえるのは君の声
触れるのは君の頬

それだけ

 

陽だまりにぬくもりを

そのことが
どこよりも
誰よりも近く

僕らの世界

なんだと

 

 

 

美しくある僕らの世界

 

ゆめにうつつ
ゆめあらわ

 

手を伸ばせば届くところ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA