over a year ago

 

見る夢は変わらず
色濃くも
鮮やかでもなく
いつまでも無邪気でいて
そして
笑いかけていて
どうあるべきか
そんなことは望まないから
あの時のまま自由でいて

 

 

「眠る前に必ずね」

僕の書き留める日記は
誰かのために綴るもの

「いつかを夢見て」

そう、これは
君との自叙伝

「恥ずかしくとも夜に書くべきだよ」
「目覚めたすぐの夢の続きをね」

 

「誰かと過ごすのなら夜がいい」

そう、いつもより扉を開いているから

「誰かと迎えるなら朝がいい」

そう、共に分かち合えるから

 

叶えないで良い夢を
叶えていて私の夢を

 

 

 

 

「恥ずかしくとも夜に書き」

そして

「目覚めたすぐの夢の続き」

 

 

もう大分
僕は現実の中で夢を見ている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA