らしさ

表現ってのが難しい
作品にのせる想いは発信てのが最初でなくて
自分の中に積み上げてく気持ちってのが優先で
発信は二の次だったりする
もちろんこの社会で生きていくうえで
メッセージ発信することで生きるための
主張みたいなものにはなるのだけど

ある意味こんな考える世界になってよかった
何をのせるにしてもこれまでどおりだと
薄っぺらになるから。
てか
気づかないうちに薄っぺらになってたな

曖昧がよしとして主張してたことに
なんだか少し生きるって事、足してかなきゃ
なんてね

そう考えているうちになんだか
だいぶん時間たってて
まっ、よい振り返りの時間だったのだけども
なんだか生きてくヒント見つけてた気がする。

 

誰かに勇気をもらえることは
こうしなさい、とか楽しみなさい、ではなくて
僕の中では
その人の生きてるらしさなんだなって
心の中のパズルが繋がった気がする

だからやっぱり誰かのためでなく
自分自身がらしくあり続けなきゃな
なんて思えた。

僕は年の終わる前のこの時期に
来年のコンセプトを決めてたりして

「らしさ」

らしさはもう何年か前のコンセプト
今年はなんだか同じものにもなるけど
これだなって思えた。
そして
外の変えてなかったディスプレイの絵
何となく見てたら

 

その時に作ったコラージュだったんだよね
こういうのって呼ぶよね

とにかくらしくありたいな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA