うってつけの日

「自分でルール決めてるうちは
私たちにかなうわけはないんだよね
戯言はおっさんだけのコミュニティーでどうぞって思わない」

 

「わたしは自由だからいつもずっとはいられないのです
悪しからず」

 

 

「ここ、なんか書いてよ あんただけの言葉をさ」

 

 

「白色と水色の中間。私にはそう見える
ポコポコ音だして水ん中浮遊してる気泡みたいに」

 

 

 

……………………………………………

バナナフィッシュはJ.Dサリンジャーの短編小説に出てくる架空の魚
その魚を見ると死んじゃうらしい
短編小説「バナナフィッシュにうってつけの日」

余談

小説家・J.D.サリンジャーの半生を描いた映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』は
サリンジャーが代表的短編小説『バナナフィッシュにうってつけの日』を執筆する姿が描かれている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA