#43 我空野さちこの物語。

…というタイトルで、un_grnメンバーであり、数年前から撮影してくれている千夏ちゃんと撮影をしました。

今回は千夏ちゃんが全面的に私の撮影イメージを受け止めてくれただけでは無く、自身の描いた絵を持参して世界を更に広げてくれました。

これ迄私の仕事は撮り手のイメージを一緒により良いものに広げる事だと思っていたけれど、こうして逆のパターンもありなのだなと嬉しくなった。

自分で言うのも何だけれど、これが個人的に凄い良い出来過ぎて扱いに困り、途方に暮れている…

ちょっとネットに載せただけでは到底伝えられないのが二人とも分かっているので、展示か本か何かしらの形で発表したいねと話をしている所だ。

まぁ、実際形にしたところで全て伝わってたまるか…
とも思ってるのだけれど。

*さちこはいつでも「何か」を探して双眼鏡を覗いている。

撮影に使ったものの殆どが衣装も含め一度誰かに捨てられたもの達。
段ボール、沢山の花、アヒルちゃん、サンダル、アクセサリーで付けている「カエルの王様」モチーフのブローチ、双眼鏡…さちこはそういう捨てられたもの達の中から「お気に入り」を集めて自分の城を築いているのだ。

どこかちぐはぐだけれど、本人は私って凄くイケてる!って思ってて。

さちこは何故ここに居るのだろう?

そもそもこの家にやって来たのか、これから出て行くのか?

彼女の胸の内は幸せや希望なのか?闇なのか?

彼女を取り巻く世界は希望か、絶望か?

彼女の存在はこの世界にとって光か、闇か?

彼女は私にとって一体何なのか?誰なのか?どうしたかったのか?

これからじっくり向き合って行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA