あの日のままで。

 

君が久しぶりに会いにくると言った。

 

僕は嬉しくなり「何か作って食べてもらおう」と子供のように、はしゃいでいた…。

 

遊びにきた君が、さっそくスプーンで一口。

何も言わないけれど、微笑んでは一口食べる。あの瞬間を思い出す。

 

そんな君は食べ終わるなり、すぐに帰ってしまった。

 

次はいつ遊びにくるかな。

 

 

八朔のムース

ビオラとディルの花

 

サッパリとした味付けの八朔ムースを作りました。

アガーで作った白ワインゼリー

薄く伸ばし固めて花びらを散らし、ムースを包んでみました。

ディルの花の香り。

ゆっくりと、その日を味わって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA