アーユルヴェーダ養生食マスター講座

 

みなさんこんにちは。

 

悪阻が治まってまりいました。口内炎が治った時なんかにも感じますが、

 

何もないって、生きているってスバラシイ!!ユーケスです。

 

晴れ間を見せると随分夏らしい気配を感じますね。

 

先日、アーユルヴェディックお料理を素晴らしく美味しく作ってくださる、麻衣子先生が我が家まで来てくださいました。

 

「Happy Ayur Kitchen Laboアーユルヴェーダ養生食マスター講座」(全6回)を受講することにしたのです。

 

本来は麻衣子先生のご自宅で開催されるこちらの講座ですが

 

まだ続きそうなコロナ騒動から、私の悪阻も重なり随分とご迷惑をかけてしまい
受講出来なかった第一回を、麻衣子先生が特別に我が家までいらっしゃって、ご教示くださいました。

 

しんどくなったらいつでも横になれるし、いかがでしょう。との優しいお心遣い。

 

ところで。最低限の生活を復活させつつ、家は汚いぞ。

 

このキッチンにお料理のプロが入るなんて、なんてことだ…

 

焦ってただのシンク代わりになっている食洗機を掃除

洗剤を間違えて、泡ブクが収まらない…

 

とりあえず居間の布団をしまおうか。

 

急須の蓋が欠けたまま使ってる!ピンチだ!

 

と、どたばた、どたばた 支度しまして

 

未消化?気味にも、無事に麻衣子先生をお出迎えすることが出来ました。

 

座学と、実践と、座学と、そして雑談も。

 

その日、私は麻衣子先生に謝りたいことがありました。

 

以下のお話は少々の「毒」があり、サラッと、お伝えしたいのですが

 

一年程前、アーユルヴェーダで痛い目にあったことがありました。

 

アーユルヴェーダを学ぶことに夢中になり、とあるご縁で「先生」と言えるような方に出会った…つもりだったのですが!

 

自身の価値観が崩れ去る程に、全く理解できない考えを持っている方で

 

計算すると15年ぶりに猛烈な怒りと疑問を感じ

 

悩みに悩んでその方のもとを去りました。

 

きちんと謝罪もしていただき、まるで元AKBのあっちゃんが総選挙で一位になったときに言っていたように

 

「私のことは嫌いになっても、アーユルヴェーダは嫌いにならないで下さい」的なことを言い残された訳ですが

 

成る程、それは正に言い得て妙で、その一件以来、大好きだったアーユルヴェーダについて考えることを避けておりました。

 

この一件…親しい友人にお話すると、

 

「アーユルヴェーダでそんなヤベーって…アーユルヤベーダじゃん!」と、何やら上手なことを言ってもらったので

 

アーユルヤベーダ事件として記憶に留めました。

 

このアーユルヤベーダ事件のことで、多くの方に親身に相談に乗って頂いて(その中に、麻衣子先生もいらっしゃるわけですが)
身近にこんなにもありがたい方たちがいるのか。
と、改めての感謝を教えてもらうことも出来ました。

 

でもやはり、結構トラウマだったのだと思います。アーユルヴェーダを生業としていても、驚く程人に寄り添えない考えを持つ人がいる。

 

アーユルヴェーダってそんなものなんだろうか。そもそも、アーユルヴェーダに興味を持つこと自体変わっているのだろうか。

 

自分も含め、アーユルヴェーダに関わっていこうとされる方を、疑いの目で見るようになっていました。

 

相談に乗って下さった、あんなに美味しいご飯を作ってくださる、麻衣子先生にでさえ…

 

その日、麻衣子先生には、例のヤベーダ事件のことで、臆病になって、麻衣子先生でさえ疑って接していた自分が居たことを正直に打ち明けました。

 

ちゃんと謝りたかったです。ちゃんと言えたのだろうか…?

 

麻衣子先生は、「そうなると思うし、大丈夫です。ゆっくりで。」とおっしゃってくださいました。

 

麻衣子先生とは全っ然関係無いことなのに…ほんとうにありがとうございます。

 

はい。毒終わりです!

 

本日のお勉強は、オリエンテーションから始まって、体質診断、アーユルヴェーダとは、ドーシャ理論等の基礎知識を教えて頂き

 

更に、妊娠中のアーユルヴェーダとのつきあい方もしっかりとひとまとめしてくださっていた麻衣子先生。本当にありがとうございます。

 

実習は養生粥!インドのお粥、キチュリです。

 

ベーシックなキチュリと、選べる応用キチュリ、ささっと小鉢他2品。

 

ふたたび、ドドーン

 

美味しかったです。キラキラしていました!ゴーヤの梅干しあえのゴーヤさん。あなた、もしかして多肉植物だったんだね という程、ピッチピチでした。梅干しは麻衣子さんお手製。

 

きんぴらも、細かく切らなくても食べ応えがあって美味しかったなぁ

 

そして、キチュリ。これはぁ…!永遠に食べてしまいます!。

 

アーユルヴェーダでは、腹6ぶを推奨しているそうですが…(腹6ぶって…平常心じゃねぇか!)

 

このキチュリ、ほんとうに少しのお米と、消化に優しいイエロームングマメからくつくつ炊いているので、お代わりしてもなんだかギルティーフリー。

 

ところで。これについては、また改めて文章にしたいと思いつつ、この度わたくし、軽度の「妊娠糖尿病」になってしまいました。

 

麻衣子さんには何度かご相談しているため、糖分について繊細に考えて来てくださった麻衣子先生。

 

私自身も、質問することは「糖分」関連になりがち。

 

なのだが。私はもうやらかしているのだ。

 

この家の冷蔵庫には…

 

「麻衣子さんいらっしゃるし」なんて、【メゾンドショコラのマカロン!!】を嬉々として購入、冷蔵しているのだ!

 

これ、もう無かったことにしたほうが良いのだろうか。

 

ここまで糖質について話し合って「さ、マカロン食べましょう」なんて言われたら、麻衣子先生、どう思われるんだろう…

 

私こそアーユルヤベーダではなかろうか。

 

さて。勇気を持ってお伝えしてみたところ。麻衣子さんは美味しく頂いてくれました♪

 

「こんな時のこういうものは、美味しく頂くのが良いのです」

 

なんておっしゃってくださいました。ヨカッター

 

ほうじ茶にマカロン、座学の続きと、雑談と。

 

雑談あれこれ。「ヨガ離婚」については興味深かったです。鶴太郎さんは決して珍しいパターンでは無いらしい。

 

「家族をいちばんに大切にしたいですね」

 

そう、お話しし合えたのがいちばん嬉しかったです。

 

私事ですがアットホームに育たなかった為、家族の仲の良いこと、母親が家庭的であることには強い憧れがあります。

 

家庭的な母親に、妻になりたいなぁ。精進します。

 

麻衣子先生がいらっしゃって翌日。

 

カラカラになっていたギーの瓶を綺麗にして、ギーを作り直したり(ギーはやはり本当に素晴らしい油です)

 

キチュリをもう一度作ってみたり(娘に不評…失敗か)

 

甘、辛、渋、苦、酸、塩の6味を意識して献立を考えてみたり。

 

時間のある日にはパラクカレー再び!随分とスムーズに作れるようになりましたよ!

もう、アーユルヴェーダを楽しみ出している自分がおりました。

 

萎れていたアーユルヴェーダの花が、ゆっくり優しく開いていく感じ。

 

キッチンを(一応)綺麗にお掃除したのも良かったです。見栄っ張りパワー炸裂で、家が快適になりました。

 

お客様を呼ぶのは良いことですね。

 

 

すっかり元気になりジタバタしているわたくしです。

 

みなさまも、セミの声にも勝るような賑やかな夏をお過ごしください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA