計画的に直感で

 

 

 

 

 

蝶みたいなものの絵を描いていたのですが

白孔雀の絵を描いてほしいとご依頼頂いたので

 

先にそちらから仕上げようと思います。

 

 

今回は、梅のピンクも入れてほしいということでしたので

下塗りはこのような感じで。

 

 

 

 

 

どの生き物も

魅力があって、美しいと思うのですが

 

 

孔雀のように

わかりやすい魅力や美しさを持っていて

画面に収めるための構図もやり尽くされているモチーフは

 

 

ほんっとに構図に悩みます。

 

 

 

 

だって

せっかく描いてほしいって言われたのに

こういうの見たことあるな〜っていう絵を

届けたくないじゃないですか。

 

 

 

 

だからと言って

そのモチーフを表す要素を大きく削るわけにも

奇抜にし過ぎて魅力を消してしまうのも

私の作風では何か違う気がして

 

 

 

自分が好き勝手描いていいものなら話は別ですが

これを描いてほしいと、描くものを指定されると

そうもいかないのかなって。

 

 

 

 

でもそれは

まだ自分に自信がないからでしょうね。

 

 

 

 

そもそも

私の中では、オリジナルには絶対敵わない論があって

本物の魅力を超えるものは表現できないと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

だから

本物の魅力を借りながら

私の表現をさせてもらっている。

 

 

今はそれでいい。

 

 

 

 

さて

 

いつも通り黒塗りして

少し削ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、狙った色が出てホッとしています。

 

何回やっても思い通りの色を出すのって難しいです。

削るまでわからないし、途中から色は変えれませんから。

(めっちゃ頑張ればどうにかはなる!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとは、少し凝った構図を考えて下塗りもしていたのですが

描いてる途中で

ここでやめとこって

絵の方から言われることも

たまにある。

 

 

と、私は思っている。

 

 

 

完成まであと少し。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA